女性

いぼの手術を受ける前に熟読|治療内容を掲載中

  1. ホーム
  2. いぼの状態で治療法を選ぶ

いぼの状態で治療法を選ぶ

婦人

治療法の特徴と注意点

いぼ治療の基本は液体窒素による冷凍凝固で、液体窒素を浸した綿棒でいぼを冷凍凝固して皮膚に炎症を起こし、体の免疫を活性化させていぼを排除していきます。この治療は1週間に1回程度の頻度で行うことで徐々に取り除いていくことが可能です。ただこの治療は痛みを伴いますし、顔や頚部にできるいぼの場合は、色素沈着を起こすことがありますから炭酸ガスレーザーを使用した方がよい場合もあります。いぼ治療には液体窒素と併用してヨクイニンを内服する場合も少なくありません。ヨクイニンというのは漢方薬で、ハトムギのエキスです。漢方薬といっても毒性もありませんし子供から高齢者まで安心して内服できるというメリットがあり、免疫を高めていぼを落としていくことができます。ただハトムギは子宮を弛緩させる働きがありますから妊娠中は服用できませんから注意が必要です。保険適応外の自費診療にはベセルナクリームがあります。尖圭コンジローマが原因のいぼの場合、ベセルナクリームによる治療も効果的です。いぼの数や状態によって、治療期間が変わってきます。いぼ治療はメスで切除する手術は基本的に行うことはありませんが、足の裏などにある古くて硬くなったいぼは液体窒素などではなかなか治すことができませんからそういった場合には手術を行う場合もあります。炭酸ガスレーザーは液体窒素では治療が難しい難治性のいぼや顔面に多発するイボの治療に使用されるもので、限定された領域を照射することができますから、色素沈着も最小限に抑えることができますし、小さなイボ治療に適しています。液体窒素で効果が見られないような難治性のイボに対しては高周波電気メスを使用して手術を行う場合もあります。この手術は痛みを伴う処置となりますから局所麻酔を行いイボを焼き切っていきます。高周波電気メスは深いイボに対して有効な治療法ですがダウンタイムが長く一部潰瘍の状態となってしまいますし、正常な組織も焼いてしまうというデメリットもあります。万が一イボの芯が残っていると再発する可能性も高くなってしまいますからイボの芯を的確に判断して見極める医師の技術が必要となります。いぼ治療の中でも、昔から多く扱われているのが液体窒素による治療法です。この治療法は、一度で取り除くのではなく、数回施術を受けることでいぼを取り除いていきます。押し当てるときに強い痛みを感じることがありますので、痛みに弱い方は医師に相談してみましょう。どの治療も医師の技術が必要となりますから経験豊富な医師を選ぶことが大切です。