女性

いぼの手術を受ける前に熟読|治療内容を掲載中

  1. ホーム
  2. 施術でいぼは治療可能

施術でいぼは治療可能

女の人

いぼを治療したいなら美容整形外科

体にできてしまういぼにはウイルス性と非ウイルス性のいぼがあり、ほとんどは非ウイルス性のいぼになります。そのため、深刻に悩む必要はないのですが特に女性の場合は見た目で気にしてしまうでしょう。小さいいぼであればそこまで人目に触れることもないのですが、大きいと目立ってしまいます。そのため、気になってそれがコンプレックスとなり、気分が沈むだけでなく消極的な性格になってしまうこともあるのです。そうなる前に気になるいぼがあるのであれば美容整形外科に行き、いぼの除去手術を受けましょう。また、ウイルス性のいぼで癌になってしまう可能性がある場合は早急な手術が必要になります。ウイルス性か非ウイルス性か気になる場合は皮膚科に行き、医師に診察してもらうと良いです。非ウイルス性のいぼの場合、綺麗に除去することができる美容整形外科で手術をするのがおすすめです。皮膚科でもいぼの除去手術は受けることは可能ですが、審美性を重視しているわけではないので、いぼを除去することができても跡が残ってしまうことがあるでしょう。跡もそこまで目立つものではないのですが、いぼがあったとわからないほどの仕上がりにしたいのであれば美容整形外科が良いと言えます。審美性を重視しているところになるので、どんないぼでも綺麗に除去してもらうことができるでしょう。美容整形外科で行なわれているいぼの除去手術では主に炭酸ガスレーザーが使用されています。炭酸ガスレーザーはいぼ以外の部分には影響がないものとなっているため、細胞や肌を傷つけるといったこともありません。また、ダウンタイムもほとんど必要いらないのでいぼの除去手術を受けたその日から通常どおりの生活を送ることが可能です。しかし、患部にメイクをすることができるのは施術を受けて11日以降からになります。その間は肌の色と同じテープを貼って過ごすことになるので、大きく目立つといったことはないでしょう。また、入浴に関しては問題ないのですが患部を擦ることだけは避けましょう。誤って擦ってしまった場合、跡が治らなくなる可能性もあるので完全に綺麗になるまでは慎重に過ごすことが大切です。また、日焼けもトラブルを起こす原因になってしまうのでテープを剥がしても良くなった際には日焼け止めや日傘などで紫外線ケアをすることが大切です。そうすることでいぼの除去手術に成功し、コンプレックスも解消されるでしょう。また、いぼは再発しないわけではありません。しばらくすると再発する可能性もあるので、予め把握しておくと良いです。炭酸ガスレーザーではなく、電気メスを用いて治療を行なった場合は保証が付いていることもあるので、保証の有無なども事前に確認しておくと良いです。もし保証期間内に施術を受けた箇所にいぼが再発してしまった場合、無償で再施術を受けることができるので安心して過ごすことができます。